転居を考え、次の住まいを決めるときに、自分としては譲れないこと、我慢できるが可能なら叶えたいこと、全くこだわらないことが皆さんそれぞれにあると思います。事前に明確にして整理しておくことをおすすめします。

借り手側がこだわる条件を列記してみました。自分が絶対妥協できないこと、希望したいこと、そして確認したいことを整理しておくと、新居選びもスムーズに運びます。

家賃の上限と下限、間取り、築年数、専有面積、位置(南向き、1階、2階以上、最上階、角部屋)、通勤・通学時間、駅まで徒歩○分以内、バス・トイレ別、駐車場あり、オートロック、ペット相談可、エアコン、室内洗濯機置場、フローリング、温水洗浄便座、IHコンロ、都市ガス、エレベーター、高齢者歓迎、女性限定、事務所利用可、インターネット接続可、スーパーが近い、分譲賃貸、保証人不要、アンペア数、キッチンの高さ、周りの騒音、携帯電話の電波環境、駅から家までの街灯、共用スペースの清潔感・整理整頓、住民のマナー、禁止事項など。

以下は一例です。各3点ずつ挙げました。

1)絶対妥協できないこと

1.事務所利用可
2.南向き
3.インターネット接続可

2)妥協できるが希望したいこと

1.分譲賃貸
2.2階以上
3.フローリング

3)確認しておきたいこと

1.周りの騒音
2.駅から家までの街灯
3.共用スペースの清潔感・整理整頓

それから、新居に移るさいにかかるお金についてです。引越しの時点で掛かる費用として、引越し代の他に敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、保険料などがあります。家賃は手取りの3分の1以内に抑えるようにします。以上のことを踏まえて、新居を探すようにしましょう。